温めても冷やしてもおいしい食べ物

温めても冷やしてもおいしい食べ物

温めても冷やしても美味しく食べられて

31歳 : 女性の話
温めても冷やしても美味しく食べられて、おすすめしたいのが温泉たまごです。
とろりととろける食感と、たまごのまろやかな味わいが美味しい温泉たまごですが、冷やしと温かいままとどちらで食べても美味しく食べられます。
冷やして食べると、冷やし中華などのトッピングにもピッタリです。
そうめんと一緒に出してもよいトッピングになります。栄養が偏りがちになりますので、栄養成分を含んでいるたまごは栄養バランスの良い食事にもなりますから、美味しさだけでなくて魅力がいっぱいです。
温めてダシなどをかけて食べると、食欲がない場合でも美味しく食べられることでしょう。
ただ作るのに少しコツがいります。茹で過ぎると、ただのゆでたまごになってしまいますし、湯で時間が早いとしっかりと固まらないで、生のようになってしまいます。加減が難しくて作るのが難しいレシピの一つです。

でも材料はたまごと水だけあればいいので是非作り方を覚えておきたいです。
お湯を沸かして沸騰したら、火から下ろしてたまごを入れるのが上手く作れる方法のようです。

たいていのものは

45歳 : 女性の話
たいていのものは、温かい時は美味しいけれど冷たいとイマイチ、とかまたはその逆だったりしますね。
でも温めても美味しく、冷やしても美味しいものはあるのです。

それは豆腐です。
夏は冷たい冷奴をよく食べます。ヘルシーで栄養たっぷりな豆腐は、シンプルに醤油と生姜で食べるのが一番好きですね。いろんな薬味を足し、食べるラー油や塩辛を乗せて食べても美味しいです。

一方、豆腐は温めて食べても美味しいです。
湯豆腐はもちろん、温めて長ネギと鰹節を乗せて、熱々のゴマ油をかけて食べると、あっさりした豆腐がコクのあるゴマ油とあいまってとても食べ応えがアップします。
あと、意外に焼き菓子は温めても冷やしてもおいしいですね。常温のチョコチップクッキーをオーブンで焼いて食べると、焼きたてのような香ばしさが立っておいしいです。
また逆に冷やして食べると、食感がまた違っておいしいですね。蒸しケーキも温めてもいいし、冷凍するとアイス風になっておいしいですよ。

Copyright (C)2014温めても冷やしてもおいしい食べ物.All rights reserved.